almost 5 years ago

ER MasterはER図用GUIエディタで、Eclipseプラグインとして動作する。ER図の作成が主な機能だが、テストデータの作成機能も提供する。ファイルはXML形式で保存され、テキストデータとして管理できる。日本人開発者がメインで開発を進めているためか、日本語のドキュメントの充実ぶりが凄い。総じて使いやすい。

特徴

  • (制限もあるが)複数のデータベースをサポートする
  • DBからのインポートを行いER図を生成する(既存のDB解析に使える)。
  • 特定の形式でエクスポートを行える
  • ER図をベースにテーブル仕様書を自動生成してくれる。(無料でこの機能は凄い!!)
  • Windows, Mac OSX, Linux等マルチプラットフォーム(Eclipseプラグインのため)
  • 論理名を日本語、英語等マルチ言語に対応できる

#サポートするデータベースの種類

  • MySQL
  • Oracle
  • DB2(開発途上)
  • PostgreSQL
  • HSQLDB(開発途上)
  • SQLITE(開発途上)
  • SQLServer(開発途上)

SQLITEは開発途上とのことだが、特に大きな不具合はなさそうだった。

サポートするエクスポート形式

  • 画像(他のドキュメントに乗せる図として欲しいならこれを選ぶ)
  • DB定義書(EXCEL形式のデータベースの定義書)
  • DB定義書(HTML形式のデータベースの定義書)
  • DDL (SQLの事)
  • 辞書(CSV)
  • 翻訳辞書
  • DB(直接DBへアクセスしER図の内容を反映する)
← Apache Commons Imaging Markdownでドキュメントを作成する →